自作PCを作ってみた#2

シェアする

  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

前回の続きでございます。

 

CPUです。

これは人でいうと心臓。

また、司令塔も役割持つ。

このCPUがなければPCが動けない。

自作2−1

自作PCの組み立ての時、一番注意するべしのは

CPUの取り付けなんです!間違えると水の泡になってしまうらしい・・・

一瞬後ろ気になった。(スルーしておいてね;)

この場所はCPU取り付け場所。

保護カバーありますが、捨てないほうがいいらしい。

ここでマジ緊張しちゃった!

自作2−2

そう、向きが注意するべし。

いろいろ調べてみて、どうやら三角マークついているやつは左下が正解。

マジでユーザーマニュアルなどよく調べてからやったほうがよい。心配なら店員に頼ったほうがよさそうかもしれない。

自作2−3

次はグリスの出番。

グリスとは・・・CPUの熱を逃がすために、熱伝導しやすくためである。

CPUの上面に塗る。

べたべたします・・・;(これは意外だ。ぬるぬるだと思ってた)

自作2−4

CPUの周りに4つ穴ありまして、CPUファンを差し込みます。

CPUファンについているケーブルもマザーボードに差し込みます。

写真ではボケて見づらいかも知れないですが、「CPUFAN」記入されていますので、

合わせて差し込みます。

自作2−5

次はメモリの取り付け

メモリとは処理速度である。

人でいうと要領がよい。仕事が早いってことです。

自作2−6

金属ところに、ツメもあり、長さも違います。

注意しながらカチッとするまで差し込みます。

 

これで内部組み立ては完了!

次回は組み立ての編です。お待ちください。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です