久しぶりに自炊してみた(その2)

シェアする

  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

前回の続きでございます。

▼つづきだぜ・・・

カバーカットしただけで1時間くらいかかりました。。。。

▼さー出番だぜ

出番

▼裁断機で背を切ります!

今までどうやって切ったかという流れは・・・

①どこでも売っている裁断機。手で押さえながら引くやつ・・・

こんな感じ⇒リンク

やってみたけど、厚さの限度があり、6等分くらい分裂しないと切れない。

面倒くさい!だからすぐ捨てた・・・

②オルファロータリーカッターで切りまくった・・・

ロータリーカッター

便利だが、かなり力要る・・・しばらくやってきたけど、さすがに体力のない私にとってはつらい・・・

これも捨てました・・・

最後に見つかったのはいま使っている裁断機!

2年前購入した。大事使っております。4万くらいかかりました・・・

本当に優れものだわ。

裁断機

高価なので大事使わないと・・・!

DUROEXという裁断機。購入ページはこちら

理由は簡単!

力はちょっといるだけど、コミック1冊でさくっと切れる!

▼裁断機を準備するぜ

乾電池

乾電池でございます。単3形2本必要です。理由はあとでわかります。

黄色のもののやつも入れます。

黄色も

▼スイッチオン!

乾電池いれた理由は、切るガイドを出るようにレーザーのためなのだ。

わかりやすくて楽ちん!

ガイド

▼カットしまくるぜ

カット

2~3mmくらい空けて切るといいです。わざわざぎりぎり切らなくてもOKです。

調整中

▼文庫本については

厚みがあっても入れますが、力がいるし、ちょっとねじれてずれたりすることがあるから

分裂した理由です。

文庫本

▼後片付け!

オン

黄色のやつもはずします。あ!説明し忘れました。

黄色のやつはカットマットみたいなものです。

黄色をはずさないままだと後片付けの際、ロック固定できなくなります。

外しましょう

乾電池もちゃんとはずしましょう。

きっとみんな経験あるとおもいますが、電池いれたままずーっと放置すると

膨張して液流してしまい、さびたことがありますよね?そうならないようにするためです。

もちろんショックで火事になる恐れがあるためです。

▼これで完了

ロックを倒しながらレバーを倒して、ロックを離すとレバーが固定になります。

固定

これで箱に戻して片付けます。もちろん場所も困らない!押入れに置けば十分さ。

▼第二段階完了!

続き

スポンサーリンク

シェアする

  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です