ヒーターを入れたぜ!

シェアする

  • Evernoteに保存Evernoteに保存

冬がやってくると、いろいろやることがいっぱい。

ですよね!冬タイヤ交換とか冬ワイパー交換とか・・・

ストーブ設置とか・・・雪かきのスコップ等の準備とかいろいろいっぱい。

そんな中に、金魚もメンテナンスも必要なのだ。

水温がどんどん下がってくるからヒーターをいれました!

▼いつだっけかな

水槽掃除したのはいつだったかな・・・としらべてみたら、8月か9月じゃなくて10月だった・・・(汗)

▼準備するもの

○濾過の活性炭カートリッジ

濾過

GEX「コーナーパワーフィルター用活性炭カートリッジ」

注意:コーナーパワーフィルターの種類は2つあるから間違わないように・・・以前間違って買ったことがある・・;

詳しくは「こちら

私使っているのはF1です。小さいの方。

○水中ヒーター

ヒーター

これもGEX「ICオートーヒーターDS100」

詳しくは「こちら

もちろん水温設定できるのだ。熱帯魚なら必須。以前飼ったことがある。

グッピーとかネオンテトラ・・・(高校時代、理科室にいてすごくハマってきて飼ったことがあった)

先生に飼い方も教えてくれて繁殖したこともあったなぁw

しかし残念ながらヒーターは設定がついてなくて熱くて死なせたこともあった・・・(TvT)

▼いまの水温は

水温

19度。金魚は生きていけるけど、動きが鈍くなるし、金魚は玄関の前だからかなり寒くなる。

だからヒーター必要なわけ。

冷たい

さすがに冷たい・・・

▼金魚

大きくなった

大事育てて、こんなに大きくなりました。やっぱり可愛い

▼濾過交換だ

汚れてるね

違いがわかるかもしれませんが、左のほうがすごく汚れている。

バクテリアが処理しきれなかった廃棄物、バクテリア死骸等つまっている。

節約したいなら洗ってもいいですが、綿のようなものがとれてしまうからお勧めしない。

きちんと交換したほうがいいのだ。

▼濾過注意

濾過の上下

この写真のとおりに、「うえ」「UP」ありますね。従って置きましょう。

水流とか、はめないとかありますから・・・;

▼気付かなかった・・・

こぼしてる

夢中しすぎて水がこぼれているのが気付かなかった。

耳の聞こえないって不便だな;聞こえていたらわかるだろう・・・;

おわったときに、あれ、こんなに水がいっぱいあるんだ?とおもったらビデオで分かった。

▼濾過交換完了!そしてヒーターいれるぜ

温度設定

水温設定できるのが素晴らしいものだ!

さっき書きましたが、熱帯魚死なせた原因はヒーターに設定がついてなくて微調整ができない。

進化ってすばらしいな!

このくらいでいいだろー。熱帯魚なら23~25度がいい。

▼ヒーター注意

やけど注意

安心するのはまだ早い。ヒーターって危険リスクがあるさ。

それは金魚が接触しないこと。接触しないようにサポーターみたいなもの売っているが、それ買ってなかった。

だからサポーター必要だけど、ない場合はこまめにチェックする。

出かけるとき、帰ってきたときにチェック。

▼ヒーターいれてから

最後の金魚

水温が20度になり・・・いまは21度。

金魚達が元気になり活発なってきたよ!可愛い。

ピンポンパールのほうがもっと可愛い。キモカワなんだけど、

金魚のくせに泳ぎが下手で、うろこがぽつぽつでてるからキモカワなんだ。

▼餌種類

餌

餌の種類はいろいろあるけど大きく2つある。

浮上タイプと沈下タイプがあるんだ。

ピンポンパールは口向きが下だから沈下タイプがよいのだ。

流金は上向きだから浮上タイプがいい。金魚の口に合わせて選ぶといいよ。

▼おまけ

黒ゴンと寅ゴンは寝ていましたよw

黒寅

呼んでみた!

呼んでみた

 

 

金魚を見ていてうっとりしてるわし。

うっとり

はぁ~落ち着くなぁ。熱帯魚ならもっと落ち着く。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です